ハゲだからこそ「渋い大人の男」を演出してみよう

ハゲというとマイナスなイメージがあります。しかし、それは大人の男の証であるのです。ハゲを逆手にとって「渋い大人の男」になりましょう。
ハゲ6
まず、ヘアスタイルは坊主、もしくはスキンヘッドが望ましいです。できるだけ短髪にしてスッキリしましょう。頭が寂しいぶん、髭をたくわえてみましょう。顔の存在感がぐっと上がります。

 

ジャケットは思い切りハードにしましょう。革ジャンやミリタリー・ジャケットなどがおすすめです。色は黒、グレイ、ダーク・ブラウン、カーキーなど落ち着いたものがよいでしょう

 

インナーはボタンダウン・シャツは避けましょう。シンプルに長袖のTシャツなどで大丈夫です。

 

ボトムスは脚にタイトにきまるスリムなものがベストです。シンプルにジーンズでも大丈夫です。

 

靴もハードにいきましょう。革製のブーツできめるか、もしくはゴツゴツとした重量感のあるバスケット・シューズなどでカジュアル感をだしてもいいでしょう。

 

帽子のような小物もハゲとは相性がいいです。ハンチングとかいいですね。

 

全体として「大人」で「渋く」であることがポイントです。落ち着いた色と素材を選びましょう。明るい色をいれるのもいいですがワンポイントぐらいに抑えたほうがいいかもしれません。

 

柄はチェックやボーダーよりもストライプがおすすめです。奇抜なデザインは避けましょう。シンプルですっきり感がでないと、ハードなぶんゴテゴテとした印象になってしまいます。

 

自信のある人は上級者向けとしてサングラスを加えてみましょう。さらにハードに渋くきまります。

 

ハゲだからこそ男くさい「大人の男の渋さ」を演出して、オシャレを楽しみましょう。