下ぶくれのフェイスラインに合う髪型

私は卵型でショートカットです。
私は顔が日本の伝統的なといえばいいのでしょうか、いわゆるしもぶくれのような、おたふくのようなタイプの輪郭をしています。
そのせいか、頭のトップにヴォリュームを持たせたヘアスタイルが顔になじむように思います。

 

普通のダウンスタイルでは、下ぶくれのおたふくのようなラインが余計に強調されてしまうのです。

 

そのため、ブローするときにトップをふんわりさせながらヘアスタイルを形づくっていきます。

 

または、ポンパドゥール風にふくらませながらヘアアクセサリーで止めたり、髪にボリュームを出すヘアピンのついたヘア製品をトップ部分の下に隠したり、色々努力しています。

 

1980年代に爆発的に流行した、「聖子ちゃんカット」という髪のサイド部分にレイヤーを入れ、後方へ流すスタイルも、下ぶくれのフェイスラインにはよく合うようです。
ハゲ7
中森明菜さんなんかもこのヘアスタイルをされていましたね。

 

ただし、現在はあまり流行していないので、このヘアスタイルを取り入れることは出来ません。

ハットとスーツの組み合わせ

ハゲの人にお勧めのファッションコーデはハットとスーツの組み合わせです。特に40代以上の男性でしたらストライプのダブルのスーツがお勧めです。ハットをかぶってスーツのジャケットのポケットにチーフを入れるなどすれば、かなりダンディーなスタイルに決めることができます。

 

このコーディネートのポイントは清潔感を出すことです。そのためハゲを隠すために髪の毛を長めにキープするのではなく、短めに刈り上げるのがよいでしょう。また場合によってはスキンヘッドにすることもできます。

 

しかし髪の毛を短く刈り上げてスーツにハットとなると顔つきによっては威圧感をかもし出してしまうことがあります。それで顔が少し怖いなと感じたときは伊達メガネをかけて表情を柔らかくすることができます。またネクタイを柄物ではなくストライプや無地、またはドット柄のものを使用することも効果的です。清潔感がものをいうファッションですので靴をいつもきれいに磨いたり、スーツにシワがよらないように心がけるべきです。
ハゲ8